製品紹介

迅速平衡密閉式自動引火点試験器

asc-8c

asc-8c 迅速平衡密閉式自動引火点試験器

迅速平衡密閉式自動引火点試験器 asc-8cはJIS K 2265-2に規定されている迅速平衡密閉法(通称:セタ密閉法)を自動化した試験器で、消防法危険物第2類及び第4類の判定試験として消防局はもちろん、香料会社、塗料会社、石油元売会社、受託分析会社など幅広い分野で活用いただけます。

迅速平衡法の他、昇温させながら定期的に試験炎をのぞかせて引火の状況を確認するRampモード、認証標準物質を試験するCRMモード、昇温速度など試験条件を変えて試験を行うCustomモードなどが搭載されています。

CE

PDF Download

仕様

準拠規格 JIS K 2265-2*、ISO 3679、ISO3680、ASTM D3278、ASTM D3828*、 ASTM D7236、IP534
*ガス点火に限ります。
測定範囲 空冷時:-20 ~ 135 ℃
水冷時:-30* ~ 135 ℃ *25℃の冷却液を循環
表示器 カラー液晶表示器
温度センサ 白金測温抵抗体(Pt100)
引火検知 熱電対による温度検出
引火源 ガス炎または電熱コイル
保安機能 過熱防止、自己診断機能、コンピュータ暴走
外部出力 RS-232C、USB各1ch
寸法・重量 W230 × D470 × H390 mm 19 kg
電源 AC100~240 V 400 VA (最大) 50/60 Hz