製品紹介

自動蒸留試験器

AD-6

AD-6 自動蒸留試験器

当社が蒸留試験の自動化に携わってから50年余り、現在では日本国内はもとより、世界60ヶ国以上に輸出され累計出荷台数も1100台を超えました。

AD-6は燃料油の蒸留性状を求める常圧法の蒸留試験方法を自動化したものです。燃料油の他、付属品の差し替えで溶剤類もこの1台でカバーできます。

ペルチェ素子による凝縮管及び受器室の冷却・加熱制御によってフロンレスと省スペースを達成し、世界最小クラスのボディサイズを実現しました。

また、データ管理ソフトADMgr(別売)をお手持ちのPCにインストールすることによって、データの蓄積・管理の他、試験モードの格納・送信や蒸留曲線の印字(A4サイズ)も可能です。

CE

仕様

準拠規格 JIS K2254、ISO3405、ASTM D86
測定範囲 室温~300℃/400℃
温度検出 白金抵抗センサ
留出速度 4.5%/min(可変)
条件設定 モード選択(26モード)
保安機能 過熱防止、着火警報
データ処理 減失加算、気圧補正
寸法・重量 W400 × D520 × H710 mm 55kg
電源 AC100V 15A 50/60Hz

画面表示例

画面表示例

試験中画面(試験結果表示)

未知試料に対応した試験モード搭載

未知試料の試験時に最も悩むのが、初留点を取るまでの加熱調整です。AD-6はそんな試料でも対応可能な『初期加熱量自動設定モード』を搭載しております。

発煙する試料も試験可能

試験中、受器シリンダ内に白煙が流入しても、独自の追従プログラムシステムによって正確に液面を検出することができます。

留出温度の校正管理も充実

0~300℃又は0~400℃の温度レンジ毎に、10℃毎の微補正ができるプログラムを搭載。より精度の高い蒸留性状の管理に最適です。

消火補助シャッター標準装備

試験中、試料に着火・炎上した場合、消火補助シャッタが自動的に閉まります。窒素ガス取込口から窒素ガスを外部から取り込めば、より消火効果が高められます。

消火補助シャッター

データ管理ソフト ADMgr(別売)

データ管理ソフト ADMgr

ADMgrは、試験条件の設定、試験中の経過確認、試験結果の格納、蒸留曲線の作図など蒸留試験にとって利便性の高い様々な機能がプログラムされています。予め入力しておいた基準値(リファレンスデータ)との比較も容易に確認できます。

また、ADMgrをインストールしたPC1台に対して、AD-6を最大12台まで接続可能です。