製品紹介

ミクロ残留炭素分試験器

ACR-M3

ACR-M3 ミクロ残留炭素分試験器

操作が簡単で、試料も少量で済み、同時に複数の試料を測定できるミクロ法は、現在の「残留炭素分試験」において定着しつつある試験法です。

試料(原油又は石油製品)を蒸発、熱分解させる試験でありながら黒煙を発さないクリーンな試験法でもあり、精度面においても優れています。

このような利点を兼ね備えたミクロ法の試験器に、弊社独自の操作性向上をプラスしたのがACR-M3です。

CE

仕様

準拠規格 JIS K 2270-2、ISO 10370、ASTM D4530
形式 ミクロ法 小、中形容器:12個がけ 大型容器:6個がけ
温度制御 デジタルプログラムコントローラ
N2ガス 常圧150 kPa 流量150 mL/min 600 mL/min自動切替
保安機能 加熱防止
寸法・重量 W350 × D390 × H460 mm 21 kg
電源 AC100 V 1,300 VA (最大) 50/60 Hz

※窒素ガス(500〜700 kPa)が必要となります。